植物図鑑 運命の恋、ひろいましたのキャスト紹介やあらすじ、動画視聴方法の紹介

WEBサービス

U-NEXT

映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』予告90秒

序文

この映画は、2016年に公開された日本の映画です。「図書館戦争」「フリーター、家を買う。」など数多くの著作が映像化されているベストセラー作家・有川浩による恋愛小説を映画化。岩田剛典さんと高畑充希さんが爽やかなカップルを演じたことで話題になりました。最高に心がキュンキュンするラブストーリーでした。

あらすじ

不動産会社に勤めているさやか(高畑充希)は、上司に怒られてばかりで、仕事がうまくいかない人生を送っていました。そして毎日、夕食はコンビニ弁当です。ある日、「なんでお酒がないの?」と呟きながら、夜のコンビニにお酒を買いに行きます。その帰り道、家の前に謎の成年(岩田剛典)が倒れていました。さやかは恐る恐る声をかけます。青年は、「よかったら俺を拾ってもらえませんか」というのです。びびったさやかに「かみません、しつけのできた良い子です」と言いながらお手をします。さやかは笑って彼を受け入れました。翌日の朝、さやかは、いい匂いで目が覚めます。彼が朝から朝食を作ってくれているのです。起きたさやかは、昨日のお酒のこともあり昨晩のことを覚えておらず、彼がいることにびっくりしますが、すぐに思い出します。その彼の名前は樹でした。樹の作った朝食を食べたさやかは久しぶりの手料理に涙します。樹は「手料理なんて大袈裟だよ」と笑います。樹はさやかの家から去ろうとしますが、胃袋を掴まれてしまったさやかは、樹を引き留め、半年限定で一緒に暮らすことを提案します。樹はそれを受け入れ、不思議な共同生活が始まりました。樹はすぐにアルバイトを見つけてきます。しかも、樹は料理と家計のやりくりがうまくて、彼女の毎日のお弁当も作ってあげます。そんな生活に、さやかは幸せを感じ始めていました。ある時、樹はアルバイトで貯めたお金でお揃いの自転車を購入します。驚くさやかに、樹はサイクリングに誘います。サイクリングの行き先は河原でした。河原には、わらびやフキ、フキノトウなど天然の食材があるのです。樹は薬草に詳しい知識があったのでそれらを収穫して自宅に帰り、料理をします。その料理をさやかはとても気にいり、2人の中はどんどん深まっていきます。河原での収穫を狩と称して頻繁に行くようになります。しかし、さやかが決めた6ヶ月のリミットはあっという間に来てしまいます。ちょうど6ヶ月後の日は、さやかの誕生日でした…

キャスト紹介

河野さやか役⇨高畑充希
日下部樹役⇨岩田剛典
野上ユリエ役⇨今井華
河野典子役⇨宮崎美子
登来柳明役⇨大和田伸也
竹沢陽平役⇨阿部丈二
玉井千秋役⇨谷澤恵里香
警察官役⇨相島一之
来店客役⇨酒井敏也
内覧客役⇨木下隆行
山崎誠役⇨ダンカン

植物図鑑を動画配信で見る


⇨動画視聴はこちら⇦

U-NEXT

タイトルとURLをコピーしました