最強のふたりのキャストやあらすじ、動画視聴を紹介

WEBサービス

U-NEXT

映画『最強のふたり』予告編

序文

2012年に日本で公開されたフランス映画「最強のふたり」は、フランスの実話を元に制作された感動のヒューマン・コメディーです。監督は、本作が長編4作目となるエリック・トレダノとオリヴィエ・ナカシュのコンビ。2011年にフランスで公開されるも、数々の賞を受賞し、日本において歴代のフランス映画の歴代観客動員数を上回るヒット作品となりました。実在する主人公フィリップは、貴族出身で本作を映画化するにあたり、素人の介護人アブデルについての本を出版、その後フランスではメディアにも登場するなど、本作の脚本を手掛けた監督との交流も深い。フランス本国のみならずヨーロッパで記録的なヒットを樹立した、偽善の匂いも居心地の悪さもない、笑いと感動に包まれた良質なコメディーを堪能できる作品となっている。

あらすじ

舞台はパリの由緒ある邸宅。使用人と暮らす大富豪フィリップは不運な事故で、下半身の脊髄を酷く損傷し、車椅子の生活を送っていた。周囲の同情と淡々と過ぎる毎日に嫌気が指していたフィリップは、ある日新たに専属の住込み介護人を募集することにする。早速、採用準備をする秘書マガリーだったが、フィリップの面接の応対に呆れ始めていた。その時、面接に来た一人にドリスが現れ、他の面接者と違い自分を障害者扱いしない態度に興味を示したフィリップは、不合格通知で失業給付を目立てに来たドリスを本採用すると決める。しかし、介護経験や学歴もないドリスを採用することに周囲は納得がいかないため、一ヶ月の試用期間を設けることになる。翌日フィリップの邸宅に呼ばれたドリスは家の中を案内され、今までとは違う生活環境に一時の嬉しさを感じる。その後指示通りフィリップの世話を始めるドリス、介護に期待していなかったフィリップだったが、発作を発症した時に外の空気を吸わせるためにフィリップを外に出した対応にユーモアを感じ、ドリスを本採用することにする。その後も不慣れながらも毎日フィリップの生活の面倒を見るドリスに、フィリップは雑な仕事ぶりではあったが、一人の人間として扱ってくれるドリスと親しくなっていく。ドリスはフィリップの誘いでアートギャラリーに着くまで連れて行ったり、素敵なレストランでは美味しい食事をし、フィリップの障害やなくなった妻の話などを聞く。一方でフィリップは文通相手である女性と会う約束をするが、接触をためらいドリスを呼び出す。二人はフィリップの思うがまま、旅行先でパラグライダーを楽しんだり、フィリップの時間につきそうドリスだったが…

キャスト紹介

フィリップ役⇨フランソワ・クリュゼ
 ・四肢麻痺で首から下が動かない大富豪
ドリス役⇨オマール・シー
 ・フィリップの介護士
イヴォンヌ役⇨アンヌ・ル・ニ
 ・フィリップの女性スタッフ
マガリー役⇨オドレイ・フルーロ
 ・フィリップの女性スタッフ
マルセル役⇨クロティルド・モレ
 ・フィリップのマッサージなどを担当する女性スタッフ
エリザ役⇨アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ
 ・フィリップの娘(養子)
ファトゥ役⇨サリマタ・カマテ
 ・ドリスを養子にしたおば
ミナ役⇨アブサ・ダイヤトーン・トゥーレ
 ・ドリスの妹
アダマ役⇨シリル・マンディ
 ・ドリスの弟
エレオノール役⇨ドロテ・ブリエール・メリット
 ・フィリップの文通相手
バスチャン役⇨トマ・ソリヴェレ
 ・エリザの恋人
アルベール役⇨クリスティアン・アメリ
 ・フィリップの屋敷の庭師
アントワーヌ役⇨グレゴリー・オースターマン
 。フィリップの知人

最強のふたりを動画配信で見る


⇨動画視聴はこちら⇦

U-NEXT

タイトルとURLをコピーしました